2011年9月22日木曜日

在宅療養支援センター設立に係る連絡協議会

本日、滋賀県医師会で開催されました標記協議会に参加しました。
内容は、ITを使った在宅療養支援ネットワーク を構築するというものです。
ただ単にグループウェアを用いた情報交換ツールなんですが、医療情報を扱うという点からも、いろいろと制約が多くて大変そうです。
携帯が使えなかったり、メールでのやりとりもできないなど使い勝手も云々・・・

とりあえず高島のほうを中心にモデル事業をすすめるとのこと。
東近江でもモデル診療所をピックアップし参加していただく予定です。

ネットワークで大切なのは、やはり「一番は顔の見える関係づくり」だと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

山上小学校でAED講習会を開催しました。

花戸が学校医をさせていただいている山上小学校では、毎年内科健診のあと各学年一時間ずつ「いのちの授業」の時間をいただいております。 本日は、6年生にAEDを使った心肺蘇生法の授業を行ないました。授業では 全員がトレーナーを使って胸骨圧迫とAEDの使用方法を体験し、BLSにおける一...