2013年10月22日火曜日

今朝の朝日新聞(社説)




医師が少ないなか頑張っておられる病院の先生もおられます。そのように医療資源の少ない現状で頑張っておられる病院勤務医の先生と役割分担するために、診療所医師は外来診療や訪問診療を充実させています。それが総合診療医の役割だと思っています。
けして、手を抜いた医療を行ったり、患者さんの意思に背き何もしないわけではありません。

マスコミなどで紹介されるような有名な医師ばかりが偉いわけではありません。
目立たなくても黙々と地域の人達に向かっている方が、花戸にとって満足感はあります。

というわけで、今日も目の前の患者さんに向かいつつ総合診療を頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

当地域の活動が南日本新聞に掲載されました

6月8日、鹿児島県の地方紙 南日本新聞さんに当地域の活動を紹介していただきました。 田舎の地域での細々とした活動ですが、地域だからできることを発信していければと思います。