2014年2月5日水曜日

日常の風景

久しぶりに雪がつもりましたが、皆さんのところではいかがだったでしょうか?

昨日から今日に往診に伺ったお家の玄関先には、豆が落ちているお家が何軒かありました。
・股関節手術後の一人暮らしのおばあちゃん
・3世代で同居しているがん末期のおじいちゃん
・いわゆる老々介護でなんとか生活しているお二人さん

大腸がん手術後のおばあちゃんは、「太巻きを食べたら胸に詰まって大変やった」「先生を呼ぼうかと思った」と笑いながら話をしてくれました。

皆さん、とてもお元気です。
病や障がいを抱えていても、日常生活のある風景。
元気な頃と同じように流れている時間。
やっぱり在宅っていいですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

学校健診・いのちの授業5年生

花戸が学校医をさせていただいている山上小学校では、毎年内科健診のあと各学年一時間ずつ「いのちの授業」の時間をいただいております。 昨日は5年生にAEDを使った心肺蘇生法の授業を行ないました。授業では 全員がトレーナーを使って胸骨圧迫とAEDの使用方法を体験し、BLSにおける一...