2015年3月7日土曜日

本を出版します

まだ未発売なのですが、このたび農文協さんから「ご飯が食べられなくなったらどうしますか?」という本を出版させていただくことになりました。

「ご飯が食べられなくなったら・・」というのは人生の最終章を迎え、ご飯が食べられなくなった時、どのような判断をすればいいのか、というだけではありません。
自分の人生の最終章を迎えるまで、いかにすれば輝かしい人生を送ることができるのか、「老・病・死」から目を背けずにいきいきとした「生」を感じながら生活しておられる、永源寺の人びととの経験を記させていただきました。

文章を書くのが苦手なもので、うまく伝えられたかどうかわかりませんが、國森さんの写真のおかげで素晴らしい本にしていただきました。

編集担当の皆さん、國森さん、そして本に登場していただいた永源寺の皆さん、本当にありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

学校健診・いのちの授業5年生

花戸が学校医をさせていただいている山上小学校では、毎年内科健診のあと各学年一時間ずつ「いのちの授業」の時間をいただいております。 昨日は5年生にAEDを使った心肺蘇生法の授業を行ないました。授業では 全員がトレーナーを使って胸骨圧迫とAEDの使用方法を体験し、BLSにおける一...