2015年5月5日火曜日

介護保険情報5月号

介護保険情報5月号に、環境ジャーナリストの本橋恵一さんが書評を書いてくださいました。

お会いしたことはないのですが、医療介護専門職とは違った視点からの論考です。最後に「在宅医療、地域まるごとケアから、この国の未来を考える必要がある」とまとめていただきました。
ありがとうございます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

学校健診・いのちの授業5年生

花戸が学校医をさせていただいている山上小学校では、毎年内科健診のあと各学年一時間ずつ「いのちの授業」の時間をいただいております。 昨日は5年生にAEDを使った心肺蘇生法の授業を行ないました。授業では 全員がトレーナーを使って胸骨圧迫とAEDの使用方法を体験し、BLSにおける一...