2012年2月24日金曜日

今朝の読売新聞

今朝の読売新聞に写真家の國森さんが紹介されていました。
当院で行っている在宅医療について、そして在宅看取りの意味について語っておられます。

「命の終わりを直視する場面も多く、ショックを受ける子もいるかもしれない。でも、死は生の大切な一部であり、忌み嫌うものではないと知ってほしい」と。

命の教育というものは、死を理解することかもしれない。
「幸せな死」を知ることができれば、命の大切さを理解し自然と心の優しさが芽生えてくるに違いないと思っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

糸賀一雄記念未来賞

昨日、糸賀一雄記念未来賞の授賞式に参加しました。 このような名誉ある賞をいただけたのも地域の皆様のおかげと感謝しております。 受賞はたしかに嬉しいことではありますが、これにおごることなく、これからも地に足をつけた地道な活動をしてまいりたいと思います。 写真は、向かっ...