2014年10月26日日曜日

リレーフォーライフジャパン2014 しが に参加しました

近江八幡休暇村で開催されているリレーフォーライフジャパン2014 しが に参加しました。

これは、病気と24時間闘っているがん患者さんをサポートしようと、24時間たすきをつないで応援するイベントです。
私は、午後から開催された多職種シンポジウム「がんをやっつけなくても、がんにかつ方法を教えます」に参加してきました。

会場におられたがん患者さん達からたくさんのことを教えてもらいました。

「信頼しあえる関係になるためにも、適切な情報を伝えてほしい」
→医療者は伝えていると思っているが、現状では伝わっていないのではないか?と反省

「がんの人には、全ての過程において緩和ケアが必要」
→まだまだ医療者の意識が足りないのではないか?と反省

そんなことを教えてもらいました。

実行委員の皆さん、そしてシンポジウムで司会をつとめていただいた細井先生、ありがとうございました。
シンポジウムのあとは、たくさん歩いてきました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

学校健診・いのちの授業5年生

花戸が学校医をさせていただいている山上小学校では、毎年内科健診のあと各学年一時間ずつ「いのちの授業」の時間をいただいております。 昨日は5年生にAEDを使った心肺蘇生法の授業を行ないました。授業では 全員がトレーナーを使って胸骨圧迫とAEDの使用方法を体験し、BLSにおける一...