2016年12月31日土曜日

当院の在宅医療について

当院では在宅診療を積極的に行っております。
ここ12年間の実績をまとめました。


     死亡診断書枚数   在宅患者さん人数  訪問診療および往診のべ回数
2005年    12           66          492
2006年    17           70          553
2007年    12           69          546
2008年    22           89          736
2009年    22           98           1136
2010年    25            112           1293
2011年    23            121           1320
2012年    29            131           1571
2013年    27            141           1585
2014年              33                                      144                                   1464
2015年      36            151            1359
2016年      36            141          1682

 永源寺地域全体では年間60人程度の方がお亡くなりになられます。当院で診断書を書かせていただいているのは、主に在宅の方になられますので、地域の半数以上の方が病院以外で息をひきとられていることになります。
往診をしながら、いろいろとご家族とお話をさせていただくことを大切にしていますが、介護をされている家族に対して「なにがなんでも家で」と強制的に勧めているわけではありません。どちらかというと、家族の方には「できるだけ仕事を休まないでください」「介護は我々のチームで行います」というようにお話させていただいております。つまり家族の負担や本人の希望など総合的に判断しながら、無理のない範囲で多職種でチームとして関わらせていただいております。
看取られた家族からは「家では無理やと思ったけど、最期まで家にいることができた」「家で最期を迎えることができ、家族も満足しています」と好意的なご意見をいただいております。
高齢化のすすむ永源寺地域ですが、地域の皆さんが安心して生活できるよう、これからもお手伝いができればと思います。

皆様、佳いお年をお迎え下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

当地域の活動が南日本新聞に掲載されました

6月8日、鹿児島県の地方紙 南日本新聞さんに当地域の活動を紹介していただきました。 田舎の地域での細々とした活動ですが、地域だからできることを発信していければと思います。