2013年8月25日日曜日

多職種連携の講演会

昨日、とある場所に招待され講演を行いました。
今回の講演の対象者は僧侶の方々です。

私達、医療・介護職種は各々の地域での「地域包括ケア」を目指し多職種連携を心がけています。しかし、在宅療養を支援していると我々専門職だけではカバーできない部分が多く存在するのも事実です。
このため、永源寺診療所ではそのような専門職だけではなく、ご近所さんやボランティア活動などのインフォーマルサービスとの繋がりを重要視しています。

在宅支援では、医療や看護、介護の技術的なことだけではなく、心の拠り所となる「宗教」との繋がりが大切だと感じる今日この頃です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

学校健診・いのちの授業5年生

花戸が学校医をさせていただいている山上小学校では、毎年内科健診のあと各学年一時間ずつ「いのちの授業」の時間をいただいております。 昨日は5年生にAEDを使った心肺蘇生法の授業を行ないました。授業では 全員がトレーナーを使って胸骨圧迫とAEDの使用方法を体験し、BLSにおける一...